Doglifelabo’s カウンセラーの日々雑感

ドッグライフカウンセラー エイケイの日々雑感〜犬の話だけでなく、気になったこと色々綴っていく雑記ブログです。

2018/05/18 日記が面白い

最近ネットを巡回していて感じていることを書いてみたいと思います。

それほど力を込めて、人の日記を検索し読み漁るまではしていませんが、それでも最近は日記的なブログが面白いなあ、と感じています。

もちろん必要に応じて、自分の知りたいことを検索し、詳しく書いてあるブログに出会うとすごいなあ、助かるなあ、と思います。

ただ、最近は自分のアンテナが日記的内容にピピッと反応するようになりました。

誰でも、というわけでは当然ないわけで、友達感覚を持てそうな人が自動的に選択されて行きます。

そこがまたなんか面白いですね。

で、ちょっとしたその人の1日や心情が覗けると、ちょっとワクワクしちゃったりして…

時代に逆行する感じかもしれませんが、僕の中ではこれからのトレンドは「日記」だな、と思っています。

それにひきかえ、Facebookは僕にはやはり合わないようです。

なんでこんなに面白くないんだろう。

一時期タイムラインを追うのに興味を失い、休止していたのですが、どうしてもチェックしなくてはいけないことがあって、また再開。

自ら投稿はしません。

人のを見ているだけだからなのでしょう。ホント、面白くない。

目的が違うのでしょうね。そういうことで、深く考えなくていいかな、と思いました。

逆にツイッターは面白くなりました。

新しくアカウントを作り直して、フォローを厳選しています。

無理に増やそうとしない。

自分にとって興味惹かれるツイートをする人に限りフォローし、タイムラインの質を保つようにしました。

そうすると俄然面白い。

余談ですが、自身の発信よりリツイートの多い人はフォローしなくなりました。

まあそんな感じで、自分も自分が面白いと思うようなスタイルで発信していけたらなあ、と思うようになりました。

当たり前か…

f:id:doglifelabo:20180518060730j:plain

ピックの話

今日はピックの話を書こうと思います。

しばらく前まで使っていたピックはダンロップのティアドロップ。1.5mmか、2.0mmでした。

f:id:doglifelabo:20180514051826j:plain

持ち方がちょっと人と違うかも。

とんがっている部分ではなく、丸みのある角の方で弾きます。

それも弦に対してかなり斜めに当てる感じです。

このやり方は以前個人レッスンを受けていた先生から教わりました。

アタック感が消えて、とてもソフトなそして厚い音になります。

もちろん音色の好みは個人差ありますが。


どこかで読んだ、ギタリストの対談でピックの話になり、「Vピック」というのがすごくいい、と書いてあったので俄然興味を持ちました。

で、調べたらこんなサイトが。

V-PICKS -HOSCO-

いつも使っている「サウンドハウス」さんでも扱っていたので、いくつか注文して見ました。

www.soundhouse.co.jp

f:id:doglifelabo:20180514053608j:plain

やはり使い慣れているティアドロップが良かったのですが、2.75mmという厚さ。

f:id:doglifelabo:20180514055633j:plain

今までのとはあまりにも違ってちょっと戸惑いました。

でも、出音が太い!いいじゃん!という感じでダンロップからこちらに移行しました。


さて、実は注文した中で一番厚い4.1mm(!)のピックだけ在庫がなくて、到着が遅れました。

ただ、このピックはおにぎり型だったので全く期待していませんでした。

f:id:doglifelabo:20180514055722j:plain

しかしです。到着して早速使って見たら、「おお、すげえ!」と。

おにぎり型といっても角の丸みはティアドロップの丸い角の方よりも丸いくらい。

そして4.1mmという驚異的厚さでホールド感がめちゃくちゃ安定的。そして安心感さえ感じます。

流石にその厚さゆえ、エッジが「>」こんな感じで、今までのように斜めに弦に当てていたら、こすっているような音になってしまいます。

でも、つまりはフラットに当ててもすごくソフトな音になるので、まあ、今までとは少しフォームが変わってしまいますが、すぐに調整できました。

出会ってしまった! そんな感じ。

今までピックに¥1,800も出すなんて考えもしなかったけれど、やはり何事も試して見ないとなあ、と思った次第です。

今はこれひとつしかなくて、なくしたらパニクるので、そのうちにスペアを注文しないといけません。

ちょっと悩んでいるのが、このピックよりも厚いのがある、ということ。

5.85mm, 8.85mm, そしてなんと11.85mmって1cm越えってこと⁉️

あまりにべらぼうすぎて想像もできないんですが。

そしてなんと値段も税別¥5,000😰

f:id:doglifelabo:20180515072314j:plain


前言を翻すようですが、これは流石に試せませんなあ。¥5,000って...

DVD:『世界から猫が消えたなら』と『僕のワンダフルライフ』

さて、昨日のツタヤの話。

借りたのは『世界から猫が消えたなら』と『僕のワンダフルライフ』、そして現在進行形がドラマの『逃げるは恥だが役に立つ』です。

繰り返しますが、DVDとCDがそれぞれ1枚ずつ無料、というのはホントに嬉しいサービスであります。感謝です。


世界から猫が消えたなら』は以前Kindleで読んでいたのですが、今ひとつ印象が薄くて、今回DVDを見てもなかなか本のイメージが戻ってこなかったので、もう一度読んで見ました。

結論はどっちもどっちかな、というものでした。

映画の方では佐藤健の演じる主人公が全く原作のイメージとは異なった人物像でした。

かと言って原作がそれほどよかったか、というとそうでもない。

正直、数年したら忘れちゃうかな、という感じの原作、そして映画でした。

残念。


DVD『僕のワンダフルライフ

これも期待しすぎちゃったので、ちょっと残念。

でも犬はかわいいなあ。

僕もできるならチビたちにまた会いたいよ。

f:id:doglifelabo:20180513054034j:plain

シニア割引😓

実年齢と気持ちの年齢のギャップは埋まることがあるのでしょうか?

子供がいないせいなのか、普段自分の年齢を気にしたことはほとんどありませんでした。

しかし、昨年から急に「シニア割引」なる言葉が僕の生活の中にズカズカやってきて、気持ちを乱します。

先日もツタヤに久しぶりにCDを借りに行ったのですが、いつものTカードを忘れてしまい、代わりにファミマのTカードがあったので、それで再登録してもらったんです。

そうしたら、手続きの終わりの頃に店員さんが、「お客様はこれが該当しますので、よろしければこちらも追加登録しますが...」と、「シニア割引」の特典説明をされました。

うーむ。そうなんだよなあ。自分はそういう年齢なのでありました。

で、その特典というのは、毎週金曜日は旧作のDVD、CD共に各1枚が無料レンタルできる!というものでした。

ムムム。

その日は恐る恐る、新作DVDを1枚と旧作のDVD、CDを1枚ずつ借りてみました。

おお、支払いは新作DVD1枚分だけ!

なんか、お得感が半端ではありません。

で、次の週は旧作DVD2枚とCDを1枚借りました。

多分(ですが)旧作DVD、CD1枚ずつだけを無料で借りることもできるのでしょうが、なんか申し訳なくて、というかレジで恥ずかしいので1枚プラスしてしまう、という心理がどうしても働いてしまいます。(向こうの思う壺なのか?)

ただ、この店にはセルフレジというものがあります。

やり方が複雑そうなので今までトライしていませんでしたが、ここを使えば店員さんの手を煩わせることなく、そして恥ずかしい思いをすることなく、(堂々と)レンタルできそうなので、次回挑戦してみようと思います。

なんか、こうした一連の物事が「年取ったんだなあ」と、ちょっとシミジミさせられました。

うーむ。


f:id:doglifelabo:20180512072058j:plain

刺激

昨日は夜、StudioWuuの「カジュアル・ジャズ・セッション」を見学してきました。

ジャズセッションは本当に久しぶりで、想像より参加者が多かったので、最近引きこもりがちの僕は少し驚かされました。

そう、世の中にはこの小さな柏の街にもこれだけジャズプレイにトライしようとする人達がいるんですね。

残念ながらギターはいませんでした。やはり、ジャズギター はメインストリームからは少し外れてしまうのかなあ。

参加者はピアノ、ボーカル、ドラム、サックス、といったところ。

ああ、僕も早くあのステージに立ちたいなあ、とかなりの刺激をいただいて帰りました。


f:id:doglifelabo:20180511052448j:plain

時間のこと

仕事を引退してからずっと思っていることなのですが、この貴重な自由な時間を無駄にしたくありません。

55歳で仕事を辞めてしまったので、もう丸5年は過ぎました。

その時からずっと試行錯誤しているのですが、いまだにダメです。

ただ、いつからか「無駄」と思える時間は自分の中で無くなったように思います。

そう、なんというか、「うまく使えていない」ということなんですよね。

一日の終わりに感じる、そこはかとない「不満足感」...

これが消えることがありません。


2013年に「タスクシュート」を始め、それから「i ライフログ」というアプリ。

そして、2014年の7月から「たすくま」というiPhoneアプリで毎日の行動記録をつけ続けています。

いまだに完璧な記録はなかなか取れませんが、「記録をつける」という行為はすっかり生活に馴染んだかな、と思います。


毎日頑張っているんですけどね。なかなか思う通りの1日って過ごせないもんです。


ああ、しかし、ちょっとブログをサボっていたら、これだけの文章を書くのにすごい時間がかかっちゃった。

うーむ...

f:id:doglifelabo:20180510061314j:plain

5月の初めに思うこと

もう一年の3分の1が過ぎてしまいました。

なんか、このところダメですね。気持ちが焦り気味な感じがします。

1日を自分の思う通りに組み立てられないもどかしさからかもしれません。

まあ、こんな時は実は休んでもダメなのはわかっています。

そう、逆に深く考えず、淡々と動き続けるのがいいんだと思います。

本来なら、4月のことをしっかりと振り返って...なんて思うのですが、今はダメかな。

とりあえず、からだ管理のことをちょっとだけ。

f:id:doglifelabo:20180501204258j:plain f:id:doglifelabo:20180501204315j:plain f:id:doglifelabo:20180501204330j:plain


月平均を見ると、まあまあ、なんとか下降線をたどっていますが、しかし、所詮500gくらい...

ちょっとローペースすぎるでしょ😰

しかし、60歳を過ぎて、食べる量は圧倒的に少なくなったのですが、代謝がそれ以上に落ちているようで、プラスマイナスで単純に考えればまだまだ食べ過ぎている、ということなのですよね。

後、ちょっとだけ気になるのが、このところやたら疲れやすい。なんか、嫌な感じです。


さて、書けそうなネタは色々あるのですが、どうもうまくまとまりません。

まあ、その辺もあまり深く考えず、短くてもいいから書いていこうかな、と思っています。

今月もどうぞよろしくお願いします。