Doglifelabo’s カウンセラーの日々雑感

ドッグライフカウンセラー エイケイの日々雑感〜犬の話だけでなく、気になったこと色々綴っていく雑記ブログです。

珈琲生活スタート

f:id:doglifelabo:20180109063148j:plain

今年のやりたいことのうちの一つに「珈琲に今一度ハマる」というテーマがあります。
以前飲食店(バーのような、カフェのような、スナックのような、よくわからない店)をやっていた時に、それなりに淹れ方などこだわって勉強したのですが、店を閉めてから生活が変わり、珈琲からも遠ざかっていました。
またもう一度「きちんとした珈琲」を飲む生活を楽しみたいな、と昨年末あたりから気持ちがムズムズとしだしたので、今年のテーマの一つとなりました。

昨日はそんな珈琲生活の事始め。北柏の珈琲豆屋さんへ、行ってきました。 その名も、「コーヒー・ロースト・スタジオ」

f:id:doglifelabo:20180109062215j:plain

僕が店を閉める数年前に知り合ったお店なので、もう十数年続けられています。
(実際の開店日は知らないのでひょっとしたらもっと長いかも…)
こじんまりとしたお店の佇まいですが、店内はマスターの珈琲愛がめちゃくちゃ凝縮されている空間となっています。
まあ、ギターなどおいて会ったり、あまり片付けられている、とは言えない状態ですが、それもまた味。
商売商売していない、と僕はポジティブに受け取っています😊

そこで、ご無沙汰の挨拶から始まり、今年からまた勉強し直したいなどの話をし、色々とマスターからお話を伺いました。

思っていたのと違っていたことがありました。
珈琲は挽きたてがいいというのはもちろんのこと、焙煎もしたてがいいのでは、と思っていたのですが、そうではないようです。
特にマスターの煎り方は焙煎してから2週間から1月くらいたったあたりに味に深みが出てくるようにしているとのこと。
まあ、何にしても嗜好品なので、これがオススメ、とはお客さんには言わない姿勢を貫いているそうです。

そんなわけで、当初の予定よりも少し多めを求めることにしました。
1日2杯は飲むとして、200gを3種類。約1ヶ月分を買っちゃうことに。
種類は味の違いをわかるようになりたいため、煎り度合いで「中」「中深」「深」の中から次のものを選びました。
エチオピア・モカ・イルガチャフィ・アリーチャ・ブルー」
コスタリカ・コフィア・ディベルサ・ルメスダン・ハニー」
「マンデリン・イン・ザ・スカイ」

f:id:doglifelabo:20180109062955j:plain

これで、それぞれ飲み始めと、1ヶ月後ではどれだけ味が変わるのか? また、果たして僕にそれを見分けることができるのか?

さてさて、帰宅後、今度はダイソーへ行き、豆を入れる器を買ってきました。

f:id:doglifelabo:20180109063033j:plain

仕上がりはこんな感じです。

f:id:doglifelabo:20180109063117j:plain

これは次のサイトを見て、ああ、瓶に入れるのも普通と違ってていいなあ、と思ったからです。

さあ、また楽しみが増えてしまい、困ったものです。(もちろん困ってないけど…)