Doglifelabo’s カウンセラーの日々雑感

ドッグライフカウンセラー エイケイの日々雑感〜犬の話だけでなく、気になったこと色々綴っていく雑記ブログです。

最強のライフログツールはたすくまとEvernoteで決まり

「たすくま」というのはタスク管理アプリです。
大橋悦夫さん考案のtaskchuteというエクセルを使ったタスク管理ソフトがあるのですが、そのコンセプトをもとに、iPhoneアプリとして開発されたソフトです。

そもそもは仕事用に使われていると思います。
プロジェクト管理、スケジュール管理、タスク管理などなど…

僕のように100%プライベートに使っている人間はあまりいないかもしれません。

ただ、「ライフログ」にこだわっている人ってたくさんいると思います。
そんな人でも、もしまだ「たすくま」を知らない人がいたとしたら、ぜひおすすめしたいです。

たすくまというアプリの詳しい使い方などは、より詳しく説明されているサイトを参照していただくとして、ここではライフログアプリとしてどう優れているかに注目したいと思います。

f:id:doglifelabo:20180119194720p:plain

これは夜寝るときに開始時刻を入力した画面です。
起きたら終了時刻に今の時刻を入れます。
まずはこれで昨夜何時に寝て、今朝何時に起きたか、が記録されます。
終了時刻を入力すると画面が変わって、こうなります。

f:id:doglifelabo:20180119194758j:plain

たすくまの秀逸なのはまずココ。
今終わらせたことに対する瞬時レビューが記録できるのです。
ここではタスクは睡眠なので、例えばいい夢を見たから忘れないうちに書いておこう、とか、ぐっすり眠れた!とか、なんでもいいからその時の気持ちや考えをちょっとでも書いておくと、貴重なライフログとなります。
で、コメント欄の下には「リピートタスクは…」と書かれていますが、ここでは実績の時間数だけ覚えておきます。
見積時間やその他の部分はタスク管理の機能ですのでここでは省略します。

さて、右下の「完了」ボタンを押すと画面が切り替わります。

f:id:doglifelabo:20180119194842j:plain

僕はここでタイトルのところに実績の時間を入力します。
これはレポートノートにしたときに、一発でそのことにどれだけの時間がかかったのかがわかりやすいので、あえてこうしています。
今日はコメント欄には何も書いていませんが、書くと、この画面のメモ:というところにそれが表示されます。

この画面の状態で「メモ:」のところをクリックすると画面が切り替わります。
先ほどのタイミングではなく、他のタイミングでメモに入力したいときにそうします。

f:id:doglifelabo:20180119194935j:plain

これがメモの入力画面なのですが、先ほどのようにテキストが入力できるだけでなく、カメラのアイコンを押すと、カメラが立ち上がり写真を挿入できます。
右のくまのアイコンは写真フォルダから選択して貼り付けることができます。

これで「アクションの内容(タイトル)」「開始・終了時刻」「実績時間」「瞬時レビュー、コメント、写真」が簡単にログとして記録することができました。

毎日必ず繰り返す物事はリピートタスクとして登録しておけば簡単ですし、突発的行動記録も新しいタスクとして入力していくだけなので、手間はかかりません。

ここまででも相当に嬉しい機能が満載なのですが、まだまだです。

さて、日が変わり、昨日のレポートを作ります。

たすくまには昨日1日のログを取りまとめて、Evernoteに転送してくれる機能があります。

転送されたレポートノートの一部がこれです。

f:id:doglifelabo:20180119195016j:plain

このように、写真やコメントが入った形で昨日1日の行動記録がずらっと出てきます。
しかし! これで終わりではありません。
「たすくま」では入力できなかったことを、ここで補足入力します。
例えば、ネットチェックしてものすごく気になったサイトのリンクを貼り付けたり、(すると単なるブックマークがいつ、どんなとき気になったのかが記録されます)Evernoteで作成したノートリンクを貼り付けたり、ブログを更新したらそのリンクを貼り付けたり、などなど。
これでより詳細な1日の記録が出来上がりました。
「たすくま」の記録がしっかりと前日に仕上がって入れば、翌日のレポートノートでの仕上げもそれほど大変ではありません。

これで、デジタルならではの「日記帳」が出来上がりです。

今日は『ライフログツールとしての「たすくま」』の僕なりの使い方についてご紹介しました。 拙い説明でしたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。