Doglifelabo’s カウンセラーの日々雑感

ドッグライフカウンセラー エイケイの日々雑感〜犬の話だけでなく、気になったこと色々綴っていく雑記ブログです。

ピックの話

今日はピックの話を書こうと思います。

しばらく前まで使っていたピックはダンロップのティアドロップ。1.5mmか、2.0mmでした。

f:id:doglifelabo:20180514051826j:plain

持ち方がちょっと人と違うかも。

とんがっている部分ではなく、丸みのある角の方で弾きます。

それも弦に対してかなり斜めに当てる感じです。

このやり方は以前個人レッスンを受けていた先生から教わりました。

アタック感が消えて、とてもソフトなそして厚い音になります。

もちろん音色の好みは個人差ありますが。


どこかで読んだ、ギタリストの対談でピックの話になり、「Vピック」というのがすごくいい、と書いてあったので俄然興味を持ちました。

で、調べたらこんなサイトが。

V-PICKS -HOSCO-

いつも使っている「サウンドハウス」さんでも扱っていたので、いくつか注文して見ました。

www.soundhouse.co.jp

f:id:doglifelabo:20180514053608j:plain

やはり使い慣れているティアドロップが良かったのですが、2.75mmという厚さ。

f:id:doglifelabo:20180514055633j:plain

今までのとはあまりにも違ってちょっと戸惑いました。

でも、出音が太い!いいじゃん!という感じでダンロップからこちらに移行しました。


さて、実は注文した中で一番厚い4.1mm(!)のピックだけ在庫がなくて、到着が遅れました。

ただ、このピックはおにぎり型だったので全く期待していませんでした。

f:id:doglifelabo:20180514055722j:plain

しかしです。到着して早速使って見たら、「おお、すげえ!」と。

おにぎり型といっても角の丸みはティアドロップの丸い角の方よりも丸いくらい。

そして4.1mmという驚異的厚さでホールド感がめちゃくちゃ安定的。そして安心感さえ感じます。

流石にその厚さゆえ、エッジが「>」こんな感じで、今までのように斜めに弦に当てていたら、こすっているような音になってしまいます。

でも、つまりはフラットに当ててもすごくソフトな音になるので、まあ、今までとは少しフォームが変わってしまいますが、すぐに調整できました。

出会ってしまった! そんな感じ。

今までピックに¥1,800も出すなんて考えもしなかったけれど、やはり何事も試して見ないとなあ、と思った次第です。

今はこれひとつしかなくて、なくしたらパニクるので、そのうちにスペアを注文しないといけません。

ちょっと悩んでいるのが、このピックよりも厚いのがある、ということ。

5.85mm, 8.85mm, そしてなんと11.85mmって1cm越えってこと⁉️

あまりにべらぼうすぎて想像もできないんですが。

そしてなんと値段も税別¥5,000😰

f:id:doglifelabo:20180515072314j:plain


前言を翻すようですが、これは流石に試せませんなあ。¥5,000って...