Doglifelabo’s カウンセラーの日々雑感

ドッグライフカウンセラー エイケイの日々雑感〜犬の話だけでなく、気になったこと色々綴っていく雑記ブログです。

ツタヤとAmazonプライム・ビデオ

ネットフリックスや、Amazonプライムビデオ、Huluなど、配信系の定着でツタヤも大変でしょうね。

レンタルに関しては相当減っているんじゃないかなあ。

さて、昨日は金曜日。この間も書きましたが、ツタヤのシニア割引の日です。

初めはなんか申し訳ないのと、恥ずかしいのとで数枚借りてそのうちのDVD1枚、CD1枚が無料、という形でしたが、セルフレジに慣れてからはもう迷わずDVD、CD各1枚ずつしか借りません。

もちろん無料。まあ、店員さんの手を煩わせないという大義名分(?使い方が違うか)があるので、OKと納得しています。

ツタヤも大変だろうなあ、などと「どの口が言えるんだ」という感じですが...


昨日は以前Amazonプライムビデオで見始めたけれど、すぐに嫌になって止めていた「ハルフウェイ」という邦画を借りて観ました。

ハルフウェイ

ハルフウェイ

今回は最後まできちんと見れたのですが、ちょっと考えさせられました。

無料とはいえ、借りに行ったという行動の分だけ、お尻を押してくれたのかな。

あ、ここで終わるの?って感じの終わり方で、まあ意図はわかるけどなんだかなあ...という感想でした。

最後まで見て、結局良かったのか、悪かったのか?

これなら見なくても良かったのでは? 初めの判断は間違っていなかったのでは?...


プライムビデオは会員費は払っているけれど、気分は完全に「無料」。

だから、良くない点は、ちょっとでもつまらないともうすぐにやめちゃう、というところです。

以前はそういうことってなんか「いけないこと」というイメージがとても強かったのですが、最近ではそれもありなんだなあ、と感じることも多くなりました。

読書もそうですね。途中で断念した本はどうも挫折感がついてまわっていましたが、最近ではそれもあまり感じなくなったかもしれません。


もう、いい加減自分の「面白さ」に対するアンテナを信じてあげていいかな、と思うようになりました。

途中でダメなのは最後までダメ。

自分にとって必要、不必要の判断が、少しずつ変わってきているのかもしれません。

何しろ人生の残り時間も少なくなっていますからね。

面白いこと、楽しいことで埋め尽くしたいなあ。


f:id:doglifelabo:20180526071008j:plain